入れ歯|大阪市西天満南森町◇◆こうらい歯科

診 療
科 目

一般歯科・小児歯科・予防歯科・ホワイトニング・インプラント・無痛治療
診 療
時 間

9:30〜13:00
14:00〜18:00
(土曜) 9:30〜13:00
曜 日
月 火 水 木 金 土
午 前
● ● ● ● ● ●
午 後
● ● ● ● ● 休
休診日
日曜・祝祭日

ノンメタルクラスプデンチャーソフト義歯 フェアリーシート

金属を使わない審美入れ歯 −ノンメタルクラスプデンチャー

笑った時に金属が見えない、気づかれにくい入れ歯

ノンメタルクラスプデンチャーは、部分入れ歯の金属を歯や歯茎と同じ色にすることによって、笑ったときに金属が見えないようにする入れ歯です。
従来の部分入れ歯は残っている歯に金属のフックをかけて入れ歯が動かないようにします。しかし、フックは金属で作るために、見た目にはいいのもではありません。
ノンメタルクラスプデンチャーは、フックの部分が目立たないように歯や歯茎の色に合わせることにより、笑顔でも入れ歯だと気づかれにくい入れ歯です。

従来とは違い、金具を使わない入れ歯

従来の金属バネを使った部分入れ歯は、残った自分の歯に金具をかけて固定していました。この場合、笑ったりお口を開けた時にはどうしても金具が目立ってしまいます。
また、入れ歯が合わなくなってくると、この金具がほかの歯に負担をかけてしまいます。

ノンメタルクラスプデンチャーはこのような金具を使っていません。 また歯肉に近い透明感のある色の素材を使っているので、入れ歯が入っているように見えません。
ノンメタルクラスプデンチャーは外側から目立たないだけでなく、内側の金具もなくなるので、フィット感や舌感が良く、違和感も少なくなります。 しかも隙間が少ないため、入れ歯と歯肉の間に食べ物が入りにくくなります。

スマイルデンチャー※左写真、右上の歯の部分を、従来の入れ歯から右の写真ノンメタルクラスプデンチャーに作り変えた症例

ページトップへ

審美入れ歯ノンメタルクラスプデンチャーの特徴

入れ歯の金属がないため入れ歯だと気づかれにくい

ノンメタルクラスプデンチャーのフックは歯や歯茎の色に合わせて作るため、大きな口で笑っても入れ歯が入っていることには気づかれにくいのが特長です。歯茎の色に合わせたフック自体も歯の根元に添わせるために段差もほとんど目立ず装着できます。

透明感があり歯茎に馴染んでいる

ノンメタルクラスプデンチャーのプラスチックは透明感があり、柔らかくしなりのある材質です。そのため歯茎に色が馴染み口元が綺麗に見えます。

入れ歯を薄くできるため違和感が少ない

ノンメタルクラスプデンチャーは強度と柔軟性があるために、薄く作ることができます。そのため違和感が少なく、使いやすい入れ歯となります。

 

ノンメタルクラスプデンチャーの治療費

ノンメタルクラスプデンチャー
105,840円(税込み)〜 

新たに、総入れ歯・部分入れ歯を作る場合は、それぞれの通常の製作費に上記の加工費をプラスした金額になります。

ページトップへ